​​実装ケース2

​​データの改竄耐性

​IoTデバイスの普及(特にTrusted Execution Environment 実装機器)により、

データが絶えず発せられ、且つ消費される環境において、

  • データを提供する側が、データに対する表明・保証を行うことが可能にする。

  • データを受領し利用する側がデータの改竄をパブリックチェーン上の情報を元に確認可能にする。

ことで、そのデータ(閲覧権を含む)を売買するなどのデータエコノミクスを促進します。

Screen Shot 2019-10-29 at 0.20.52.png